賃貸の上層と下層はどちらが良いのか

賃貸の上層と下層 賃貸の一種にマンションがあります。マンションの場合は高層と低層では環境が異なっているので、どちらを選ぶか迷う方も多いでしょう。
できるだけ家賃を抑えたかったら、賃貸マンションの下層を選んだ方が良いでしょう。物件によって異なっていますが、タワーマンションのような高級な賃貸では、高層と下層の家賃が10万円以上異なっているのは珍しいことではありません。
一般に高層階は眺めが良い、開放が感がある、虫などが入って来ないというメリットがあります。それから家賃が高いので、社会的なステータスが上がるという気分的なメリットもあります。
このように書くと高層階の方がメリットが大きいように思えますが、低層にもメリットはあります。低層のメリットは、家賃が安い、外出しやすい、災害時に避難しやすいと言ったところです。外出しやすいというメリットは低層の魅力の一つで、外出時に年配の方だったら、移動の距離が長くなる高層よりは低層の方が生活しやすいでしょう。
またお子さんをお持ちの方でも容易に外出できる低層の方が、学校などに行くお子さんにとっては便利です。ひとり暮らしの女性の方だったら、低層よりは高層の方が安心して生活できます。
高層か低層か決めるときは、個人のライフスタイルをまず考えてみる必要があります。

賃貸でも賠償に備えて保険に加入

賃貸でも損害などの保険には加入したほうが絶対いいです。賃貸は不動産の所有者でないので、損害や火災などの保険加入ができないと考えがちですが、実際はそうではありません。
火災関係は確かに所有者が入るもので家が消失した場合には所有者に給付金がおります。
しかしながら借りている者の過失によって失火した場合にもケースによっては何らかの損害賠償の請求されることもあり得ますので、そうした火災などの損害リスクにも対応するために損害にたいするものの加入はしておいた方が良いです。
家に対する損害賠償と言うものはそんなには安くありませんので、万が一に備えるという考え方で加入するのが良いです。
そして不動産以外に家財そのものにも保険をかけていくことが重要です。賃貸も火災及び水没事故などによって大きな損害が生じることがあります。こんな時に補償がないとその被害をすべて被るので生活基盤そのものが成り立ちません。
また家財などはそのものは水につかることによって使用不能になった場合には買い替えないと、新しく生活を始めることもできないために、必ず家財は揃える必要性がありそれをすべて保険給付でまかなえると言う事は住むものにとって非常に安心できるものだといえます。

賃貸に関するおすすめリンク

芦屋市周辺を中心としたエリアの賃貸マンション情報サイト

芦屋 賃貸